本場から取り寄せる|高品質の桧家住宅に住む方法|評判が良い理由を知っておこう
積み木

高品質の桧家住宅に住む方法|評判が良い理由を知っておこう

本場から取り寄せる

インテリア

デザインが魅力

「北欧住宅」は森と湖に囲まれた寒い地域に合わせて設計されるので、非常に断熱性に優れている。屋根に雪が積もるのを防ぐため、斜面が急になっているのも特徴だ。また、木材は本場北ヨーロッパから取り寄せたものを使うので、場所によっては木本来の機能がいかされないこともある。沖縄のようにあたたかい地方よりも、北海道や長野のように雪が降るエリアに合っているので、それ以外の地域では床下に防湿剤が必要となることもある。北欧家具が20年前に注目されて、その勢いで国内で北欧住宅を建てる人が増加した。最大の魅力はセンスの良いデザインで両開きや回転式の窓、木製の窓枠など、どれもひと目見て北欧住宅と判断できるものばかりだ。

メンテナンスが大事

柱の数が少ないことも「北欧住宅」ならではの特色である。廊下がない分部屋を広く取っていて、リビングとキッチンが広々しているのがメリットだ。ただ、一般的な住宅と比較して耐震性が低いことが問題である。地震に負けないように、柱の数を増やしてもらうか耐震強度を高める施工をしておくと良い。また、リフォームするとき、資材をすぐに調達できないのも北欧住宅のデメリットである。国内で1週間で済む工事も、輸入住宅の場合は2週間から3週間かかることもあるので覚悟が必要だ。北欧住宅を建てるときはメンテナンスがどのくらいの間隔であるか、内容も調べておく必要がある。また、家は一家の大切な資産になるので保証があることも肝心だ。期間が何年あるか必ずチェックしておく。